医療脱毛を横浜で!痛くない快適な脱毛をするためのポイント

脱毛をするのであれば、なるべく痛くない快適な脱毛をしたいものです。横浜で医療脱毛を検討しているものの、医療脱毛は痛みが強いというイメージから迷っている人もいるかもしれません。しかし、医療脱毛はメリットも多いですし、問題の痛みも対策が可能です。

なぜ医療脱毛は痛いのか、どう選べば痛くない医療脱毛ができるのか、ポイントを知っておきましょう。

「横浜で脱毛に挑戦!男性が医療脱毛を選ぶメリットとは」

医療脱毛ならではのメリットとは

脱毛を考えたときにまず悩むのが、どこで脱毛をするかという点です。現在主流の脱毛方法は、美容クリニックで行う医療脱毛と脱毛サロンで行うエステ脱毛なので、まずはこの二択になります。二つの違いは脱毛の効果で、医療脱毛はレーザーでムダ毛の根元の細胞を破壊して毛が生えなくするのに対し、エステ脱毛は毛根にダメージを与えて毛が生えるのを抑えます。

細胞を破壊する出力を持つレーザーの使用は医療行為なので、クリニックでないと使えません。医療脱毛のメリットは、パワーが強いので半永久的な脱毛が可能なことと、少ない回数で脱毛を完了させられるので短期間で脱毛が終わるということです。

個人差はありますが、エステ脱毛が完了までに2年~3年かかるのに対し、医療脱毛なら1年~2年となっています。また、医療機関での脱毛ということで、何かトラブルがあってもすぐ医師に診てもらえるという安心感もあります。

医療脱毛はなぜ痛みが強いのか

医療脱毛はメリットが多い脱毛方法ですが、デメリットとして痛みが強いことが知られています。なぜ痛いのかといえば、医療用レーザーの強いパワーが原因です。レーザーは黒い色に反応して熱に変わり、その熱によって細胞を破壊して毛が生えないようにするという仕組みになっています。

そのため肌に直接ダメージを与えてはいないものの、黒い色に反応した熱が伝わるため痛みが発生します。特に皮膚が薄くて太い毛が生えている場所は痛みを感じやすい上にレーザーも反応しやすいため、痛みが強くなります。

また、黒い色に反応して脱毛するという方法のため、日焼けして肌が黒い時や色黒の人は火傷の恐れがあり、脱毛を断られる場合があります。

痛くない医療脱毛もある?

脱毛自体の痛みを少なくしたいのであれば、クリニックが導入している脱毛機も重要になります。医療脱毛に使われているレーザーは主に3種類ありますが、このうちダイオードレーザーは痛みが少なく色黒の肌にも対応可能という特徴があります。

また、脱毛機には2つの照射方式の違いもあります。熱破壊式は高出力のレーザーで毛母細胞を破壊する方法で、太くて黒い毛に効果的ですが、ゴムではじかれたような強めの痛みがあります。蓄熱式は低出力のレーザーを連続して当ててじわじわ熱を与え、バルジ領域という毛を生やす司令塔の部分を破壊する方法で、産毛や細い毛に効果があり、痛みが少ないのが特徴です。

このため、痛みの少なさで選ぶなら蓄熱式のダイオードレーザーを搭載した脱毛機ということになります。これに痛みを和らげる冷却機能が付いている脱毛機なら、より痛みの不安を少なくできます。横浜で痛くない医療脱毛を考えているのなら、そのクリニックがどんな脱毛機を使っているのかも確認しましょう。

クリニックの痛み対策にも注目

痛みが少ない脱毛機を使っていても、人によって痛みの感じ方は違いますし、その日の体調によって痛みの感じやすさも変わるため、全く刺激が無いという保証はありません。

そのため、痛みが不安という人は事前に相談し、麻酔を使用してもらうという方法もあります。これは医師がいるクリニックだからこそ出来る方法で、医療脱毛のメリットの一つとも言えます。

麻酔の種類はガスを吸い込む笑気麻酔と、脱毛部位に塗る麻酔クリームがあります。どちらも追加費用がかかりますが、快適な脱毛のためには積極的に利用すべきです。脱毛の施術中に痛みが気になった場合は、出力を下げて痛みを軽減することもできるので、我慢せず施術している人に声を掛けた方が楽です。

ただ、毎回出力を下げて施術するとせっかく医療脱毛を受けているのに脱毛効果が低くなるので、痛みが強かった場合は次回以降麻酔を使い、強い出力で施術してもらう方がおすすめです。

痛みを少なくするためにできること

痛くない脱毛をするためにはクリニックの選択が重要ですが、実は痛みが少なくなるように自分自身で対策できることもあります。まず、肌が乾燥していると刺激に敏感になり痛みも感じやすいので、毎日きちんと保湿ケアをして肌の状態を保つことが大切です。

脱毛した後もダメージを受けて敏感になった肌のケアはとても重要なので、念入りな保湿が求められます。脱毛中は日焼けも要注意なので、日焼け対策や紫外線対策も必要です。また、生理中の脱毛はデリケートゾーン周辺を除いて可能ですが、痛みも感じやすくなりますし施術後の肌トラブルもあるので、止めておく方が安心です。

生理前も体調を崩しやすく痛みを感じやすいため、なるべく体調が安定している時期に予約できるようにしましょう。

痛くない以外の快適な医療脱毛に必要なポイント

脱毛で痛くないということは重要ですが、多くの医療脱毛クリニックがある横浜で快適に脱毛を続けるには他にも選ぶためのポイントがあります。まず、無理なく払える金額の脱毛プランで、キャンセル料やシェービング代などの別料金がどうなっているかという費用面は一番気になります。

痛み対策で麻酔を使う場合はその費用もあるので、事前の無料カウンセリングでしっかり確認する必要があります。クリニックによってはキャンペーンで割引される事もあるので、お得なチャンスは見逃さず利用しましょう。

意外と見逃されがちなポイントが通いやすさで、脱毛の内容は問題ないのに通うのが嫌になって止めてしまうということも少なくありません。クリニックが通いにくい立地だとか、予約がなかなか取れない状態だと面倒になりがちです。

また、クリニックの雰囲気が悪いとか、スタッフとの相性が悪くて話しにくいという場合も足が遠のく原因になりますし、痛さなどの相談をしにくくなります。自分にとって通いやすいクリニックかどうか、事前にきちんとチェックが必要です。

きちんと検討して痛くない医療脱毛に

痛いと言われる医療脱毛も痛みを抑えるための方法がきちんとありますし、麻酔のようにクリニックだからこそできる痛み対策もあるので、しっかり検討して行う医療脱毛なら痛いのが不安な人でも安心して施術を受けることが可能です。

横浜で自分に合ったクリニックを見つけて、痛くない快適で効率的な医療脱毛を実現しましょう。